フォトアルバム

« Quantizeアトリエの制作現場ー Creation in Quantize atelier | メイン | Quantizeのアトリエ制作現場 - The latest News from the Quantize Studio »

2015年7月26日 (日)

Quantizeのアトリエ制作現場 - News from the Quantize Studio

Hallo and thank you for reading again!

As I have promised I want to tell you more about the cocktail dress sample I was making, was indeed, as I managed to finish it last week. I started sewing the pieces together and the top and front parts were pretty easy, just a few darts, but then there was the back part.

こんにちは、インターンのNoraです。

また読んでくれてありがとうございます。前回お伝えしましたが、今回はカクテルドレスのサンプルの続きです。それぞれの部分を縫い合わせて上部と真正面は三四上げで縫い終わって結構縫いやすいでした。

Blog_22_2

The main point of the design is a puff at the back, consisting of seven laces that had to be sewn to the six pieces of the back part in a special way. In the left corner of the picture below you can see the first five laces sewn together, but then it just went completely crazy and no photo in the world could show you how the rest was brought together.

逆に7枚のフリルで作った背面部のデサインの主要点はちょっと難しかったです。その7枚は特別なやり方で背面の6部と繋がなきゃいけないのですごく集中しなければいけませんでした。下の一番先の写真の左の方にそのもう縫い合わせた5枚が見えますがその後繋ぎ方はとっても目まぐるしくて何の写真を見せても分からないと思います。(笑)

Blog_24_3

To be true, at that point I felt the deepest respect for people who are able to develop a sewing pattern. It requires as much logical thinking as developing a battle plan. I'm not notedly feminist but what crossed my mind trying to figure out how these many small pieces had to be put together was quite so. I thought to myself: In the past most men agreed on thinking that women's brains simply were not made for logical thinking. Well, if they had not been men would have had nothing to wear riding to battle.

Please excuse this small excursion, anyway, what I had when I finished the back was this:

縫い合わせるところで、型紙を工夫しながら作り上げることができる人に対して大いに尊敬の気持ちを持ちました。難しい型紙を考案するためには戦闘計画を立てるためにのような論理的思考が必要だと思います。私は特にフェミニストな人ではないけれど、この沢山小さい部分を縫い合わせてみながら思ったのは、昔、多くの男性は女性は論理的思考ができないと信じていました。しかし、本当にそうだったら彼らの戦闘服は誰がデザインして、誰が作っていたの?ということになりますよね。

とにかく、これは上部と真正面と背面部になります。

Blog_25_2

And after sewing these three parts together the finished sample looks like this – fancy!

この三枚を縫い合わせたらサンプルはこう言う風になりました。ー おしゃれですよねー

Blog_26

The same week I helped finishing the last stiches at a weddingdress for a wadding celebrated on Hawai. The skirt schould look like the frosting of a cubcake. To achieve this effect the upper layer was tacked, reverted and sewn as you can see below.

また、今週ハワイで挙行する方のためのブライダル・ドレスの最後の作業を手伝いました。スカートのデザインは生クリームをイメージとしていたので一番上のレースは仮縫いて折り込ませました。

Blog_21

Here you can see the thrilled bride as she admires her unique weddingdress ad the last fitting.

下の写真には一点物のブライダル・ドレスを見るところで喜んでいる新婦様です。

Blog_212

Nakamura Nobuko crowned her customer with a girdle of flowers which will be worn after the ceremony. You can see the bride glowing as she looks at her self in the mirror.

挙式後のパーティ用の花冠もオーダーです!

お客様は鏡に映ったいつもと違う自分に、満足そうな笑顔を浮かべていました。

Blog_213

Finding that the dress was a perfect fit there was nothing left to do but packing. For the trip to Hawai everything had to bee put carefully and neatly into the suitcase. It filled it up completely.

Quantizeは海外挙式のお客様のドレスを、スーツケースにパッキングするところまでお手伝いします。ドレスや靴、ヘッドドレス、アクセサリー、完璧です!

Blog_214

That's it for the week. I'm looking forward to bringing you more news from Quantize next week!

それで先週の分が終わりました。是非また今度新しいQuantizeのニュースを読んでください!

Until than have a nice time. I'll write to you soon. / よろしくお願いします!

Nora Stifter / ノラ・シュティフター

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/398332/33480275

Quantizeのアトリエ制作現場 - News from the Quantize Studioを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。